PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

Ktea+豪州ライフ

オーストラリアでのKtea(ケイティ)の日々の暮らしをあれこれと。
<< グッバイケアンズ | main | 6ヶ月!? >>
メルボルン
フリンダース駅前



住み慣れたケアンズの町を離れて、
バレンタインデーに豪州一のオシャレ街メルボンルンへ。
ここへ来てもう10日。

お世話になってたお家から、きのう新しいところへお引っ越し。
ここも3週間までの契約なので、また新しいシェアハウス探さないと。




いやぁ〜、この街スキです、わたし。
ピッキングに行ってセカンドビザ取ってもいいと思わせてくれたくらい。
(セカンドビザ=農業に3ヶ月従事すると、ワーホリビザが2年間に。)




だって、
街中をこんなにかわいいトラムが走ってたり。
(シティサークルのトラムは無料で乗り放題)

トラム




シティのど真ん中にある州立図書館の前では、
芝生でごろごろ日なたぼっこする人がいたり。

州立図書館




街中にはそこら中におもしろオブジェや興味深い建築物があって、
ちょっと路地裏に入ると、ものすごく洒落たカフェがあったり。

路地裏




夜は夜で、夜景がステキ。

ヤラ川夜景




家の感じはケアンズのQLD様式とちがって、VIC様式?で、
煙突があるレンガ造りのメルヘンチックなお家がたくさん。
煙突ってことは、あこがれの暖炉デス。

メルボルンの家




で、トラムに乗ってシティから15分くらいの St Kildaでは、
こんなステキな夕日が眺められちゃったりして。
(サマータイムのせいもあり、真っ暗になるのは9時くらい。)

セントキルダの夕日




シティからトラムで5分くらいのところにあるボタニックガーデンでは、
夏の夜はこんな風に野外でのんびり映画が見れちゃったり。
(敷物や寝袋や枕などは持参。中にはソファーまで持ち込む人も。)

ちなみに、この時はティムバートンのストップモーションアニメ
"CorpseBride" が上映されてた。
この映画、1、2秒撮るのに12時間もかかったんだってね。

ボタニックガーデン映画





と、まあ個人的にハイポイントな街デス、メルボルン。





以前ブログ(ケータイ事情)にも登場したY嬢とも
ここメルボルンで約7年振りの再会を果たした。

長期休暇を取って5ヶ月間ワーホリビザで豪州に滞在していたY嬢は、
いろいろなものごとを片付けるために数日前日本に一時帰国。

そのお別れパーティではY嬢がお世話になっていた
ホストマザー(オージーの日本語教師Fさん)と
その友だち(オージーの日本語教師Mさん)が
オーストラリアの料理や伝統菓子"パブロバ"を作ってくれた。

このパブロバは、その昔ロシアのバレリーナ"パブロバ"が来豪したときに
ホテルのシェフが彼女をイメージして特別に作ったのがはじまりらしい。
メレンゲを焼いてその上に生クリームとたくさんのフルーツを
乗せたもので、フルーツの酸味が効いていて甘すぎず軽め。
甘いもの苦手なわたしでもおいしくいただけました。


でもやっぱ、"1人2個" ってトコがオージーって感じ。
1個で十分満足ですから。

パブロバ



で、これは、
Y嬢の学校の課外授業に飛び入り参加して行った旧メルボルン刑務所。
ゴールドラッシュの頃、大量の移民が流れ込み犯罪者の増加に
対応しきれなくなったためにつくられた独房棟。

オーストラリアの伝説的ヒーロー、ネッド=ケリーも
この刑務所で絞首刑にかけられた。
今でも死刑台や刑罰の道具などがほとんど当時のまま残されている。

頭のカタチにより犯罪者の心理を分析するという骨相学のために
造られたネッド=ケリーのデスマスクも見られる。

旧メルボルン刑務所


4人組ギャングのリーダーであったネッド=ケリー(当時25歳)が
絞首台で最後につぶやいた言葉。




「 Such is life(人生なんてこんなもんさ)」




映画「ケリー・ザ・ギャング
"Ned Kelly" 2003年豪(日本未公開)あったのね。
http://www.ned-kelly.com/index.php
| 日記:メルボルン | 14:58 | comments(8) | trackbacks(0) |
いいなあ、なんだかうらやましか。。
kteaちゃんPC持っていってるの?
なにはともあれいいなあ。
ブログ楽しく読ませてもらってます。
いい旅、夢気分。。
| Rappa | 2006/02/23 7:22 PM |
Rappaちゃん、どうもありがとう。

こっちには、PowerBookを持って来てるよ。
コレが無かったら、きっとケアンズでも
仕事できなかったでしょう。
ってくらい、今のわたしには大事。

旅。か。メルボルンは、"生活"がしてみたくなる街だよ。
ただ、理想の仕事を探すのは大変そうだけど。

Rappaちゃんは次どこ行くのかしら。
| Ktea | 2006/02/23 9:18 PM |
うわー!すごかー

感情移入のはげしい私は、メルボルンの一日を仮想体験できたよ
トラムってチンチン電車みたいなもの? 広島県を思い出す
君の座ってる路地カッコいいね。ついでに横の落書きもいいね
それにしても絵になる街だね
背景資料フォルダーに保存しました
| sir.gock | 2006/02/23 10:53 PM |
ケイちゃん元気そうでなにより。
ブログ楽しく読んでますよー。
路地裏良い感じだね。行きたいわー。
| toshi-chang | 2006/02/23 11:25 PM |
けいちん!! こずちんだべ!
メルボルンよさそーだな〜!! 1日じゃぜったいよさが わからないかも。 

もうすぐ、あたしもケアンズともお別れ。
今日でバイトも終わり。 この前はユナとカフェチャにいってきたよ! 

荷造りがんばるよ。。。 まっててね!!
| kozuway | 2006/02/24 9:56 AM |
:: sir.gockん

背景資料フォルダー? さすが漫画家。
バッチリ仮想体験してもらえて良かったー。
ホントにね、メルボルンは絵になる街だと思う。
トラムは正に、チンチン電車だね。
チンチィーンってちゃんと音鳴らすし。

この路地裏は、メチャクチャ気に入ってるス。
この落書き(白黒のヤツ)は他のとこにも書かれてた
って友だちが言ってた。Kもアオムシ書きまくろうかな。


:: toshi-chang

どうもありがとう。
なんとかゲンキでやってます。
ここは、音楽とかもアツい街って聞いてるから
ぜひ、旅団やSGTでツアーに来て欲しいワ。
SGTや旅団の新しい音源送ってちょ。


:: kozuway

おおお、お疲れさま! ついにグッバイケアンズか。
カフェチャイナの飲茶もいいけど、
チャイナタウンの水餃子屋さんチェックも忘れずに*

荷、荷造り… 
チェックイン時の作戦に失敗して
結局$70の超過料金取られたよぅ。
JetStarにはもう乗らない。
気をつけて来てネ。楽しみに待ってるヨ。
| Ktea | 2006/02/24 12:14 PM |
謎の落書き。宇宙人ぽいね
アオムシ、方々に残してきなよ笑
| gock | 2006/02/27 10:35 AM |
:: sir.gockん

きょうね、
謎の "宇宙人" みたいな "カオナシ"
を別のところ(Prahran駅前)で見つけたよ。
写真撮ったからこんどアップするね。

コレ、よく見たら「落書き」じゃなくて「シール」だったの!
この作者に出会いたいなぁ、と密かに思っております。
アオムシもシール大作戦なら素早く貼れていいかも。
| Ktea | 2006/03/02 8:16 PM |









http://blog.ktea.jp/trackback/259317