PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS

Ktea+豪州ライフ

オーストラリアでのKtea(ケイティ)の日々の暮らしをあれこれと。
くぎり。
シュールな馬たち




この すっかり廃れてしまったブログ に
足を運んでくださったみなさま。。。
どうもありがとうございます*  



ぺこり。




1年以上ぶりに、こうして
ひっそり、更新させてもらいます。。。
おそらく、これがこちらでの最後の更新となると思います。






なんかだか、淋しい。。。
サヨナラ Ktea+豪州ライフ!
思えば、渡豪したのは、
かれこれ6年前です。
来月の末で、丸6年。






いろいろ変化がありすぎて、
もう、こちらで、何をどう書けば良いのか
わからなくなっています。。。





そこで、心機一転、
新しくブログをはじめました*
主に、子育てのこと(今年の3月30日にママになりました♪)
趣味の手づくりについて綴っていく予定です。
どうぞよろしくです*
http://kteas.blog94.fc2.com/




ぺこり。










| 日記:ブリスベン | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
4年半。
ひさしぶりの日記デス。
最近また、新しいユニットに引越しをして、
しばらくネットのない生活をしていたんだけど、
数日前から、再びネット生活にインです。




伝えたいこといっぱいあるんだけど、
なかなか更新できないわたしデス。。。
きょうが最終日だけど、
イースターホリデーで時間ができたので
なんとか更新できました。




日本は今、わたしの大スキな桜の季節ですネ。
お花見、憧れマス!!!


こちらはというと、反対にだんだん秋めいてきています。
2日前、QLD州とNSW州の堺にあるビーチ(地名忘れた)
へ泳ぎに行ったのだけど、強風だったため、
波はものすごく高かったものの、
ぽかぽか陽気で、ものすごく過ごしやすかったデス。



そうそう、嬉し楽しいお知らせデス。
数日前、セールで日本行きのチケットを購入。
9月29日Gold Coast発、成田着の便です。
よくよく考えると、その搭乗日から遡って5年前、
わたしは、はじめてAUSの地を踏みしめたんだった。
特別なセールで、時期や日にちが限定されてたんだけど、
なんか面白いな。運命的帰省。
それにしても、
2010年の同日でまるまる5年になるんだね。。。
なんというか。 タイムフライズだね。



日本には、
相方のジェームスと10月いっぱい(約1ヶ月)居る予定。
いまのところ、東京の実家に3週間、旅1週間という感じデス。
今回は、Japan Rail Passを使って
地方をぐるぐるまわって見ようかと。



いま、岐阜県の白川郷にものすごく惹かれてて、
10月中旬のどぶろく祭り期間中に訪れようともくろんでマス。
合掌造りの宿に泊まって、その雰囲気にどっぷり浸りたい。
温泉も憧れマス!!!



前々回の帰省で、京都に再訪しそびれたので
今回こそはなんとしても辿り着きたいデス。
相方は、北海道に興味津々。



まだ、日本での予定全然立ってないので、
その時期のいろいろな遊び、イベント情報下さい!
ではでは。



| 日記:ブリスベン | 11:12 | comments(6) | trackbacks(0) |
ふくらむ夢
creature



みなさま
お久しぶりでゴザイマス。



えーーつと、
お恥ずかしながら、



"世界一周雑貨バイヤー募集!"
なるものに応募してみました。
" た、た、た、た、楽しそうっ!!!" なんて
完全に釣り上げられてマス。



投票によって上位20名が一次選考通過し、
その後、面接によって1人から3人がバイヤーに選出される模様。


わたしはといえば、現在1077位で、圏外街道まっしぐらデス!!!
もし、ミラクルが起きて20位以内に入り、
これまた何かの手違いでバイヤーに選出されたら、
ゴリ押しで長期休暇取って、2月には日本に帰りマス!!!




ぽわぽわと夢はふくらむふくらむ。
もし時間があれば、1日1回左のバナーもしくは
https://secure.calamel.jp/buyer/edit/?byr_user_id=1693
で、ポチッとヨロシク!!!
応援してネ!!!





( 追記 )

***** 2009.12.22
おかげさまで、1077位から480位までグインと順位上がりました!!!
引き続きサポートよろしくお願いしマス!!!



***** 2009.12.25
おかげさまで只今417位まで上がりました。
が、ながらくこのへんをウロウロしてマス。
引き続きポチポチッと頼みます!!!



***** 2010.1.20
長らく放置してスミマセンでした。
いま現在、479位でございます。
締め切りもせまり、諦めムード一色デス。
中途半端になってしまうけれど、
いままで応援してくれた方、
ホントにどうもありがとう!!!

でも、この企画のおかげで、
みんなのあたたかさを感じられました。
自分を客観的にみることができました。
もっともっとちゃんと自分を表現できる人間になります!
短い間だったけど、夢を見させてくれて
どうもありがとう!!!
チャオ!!!



***** 2010.1.25
投票終了。
上位に入った方たちに感服デス。
そして、なにもやりきっていない自分が
なんだかとても小さくて、恥ずかしく感じマス。。。



"本気でやらないと、結局何もしてないのといっしょ。"



って、エントリーする前に相方に言われた言葉が
いま、心に響いてます。
ほんとにそうだ。。。
中途半端。


やるからには、本気でやりきること。
そして、スキなこと、自分色を存分に表現できる自分になること。
これからは、そういう気持ちをもっともっと大事にしていこう。
この企画のおかげで、そんなあたり前の、
だけどとても大事なことに気がつけました。


とにかく、本気でやること。
ことしは、それに尽きます。


応援してくれた方たちへ。
中途半端な姿勢でスミマセンデシタ!!!
それから、本当にどうもありがとう!!!
これからもヨロシクお願いします!!!
| 告知 | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
3年と8ヶ月。 - Wedding -
wildflowers




みなさん。
ご無沙汰してます!


あれよあれよ、という間に、
更新するまで半年も経っちゃってましたね。
まったく相変わらずなペースです。




今回は、うれし恥ずかしなご報告デス。




いっしょに暮らしている相方のジェームスと
ふたりの3周年の記念日である6月2日に、
ケアンズ(キュランダ)にある彼の実家の庭で結婚式を挙げました。
日本からは、大好きな家族と大親友の幼なじみが
お祝いに来てくれました。




式を迎えるにあたって、
ケアンズに住む彼の家族やその友人たちが
ブリスベンに住むわたしたちに代わって、
会場のセッティングやお料理の準備などを
事前にしっかりと行ってくれたおかげで、
わたしたちは、当日、ただただ、
ホントに心あたたまる優しい空気の中で、
楽しくリラックスした素晴らしい時間を
過ごすことができました。





wedding




お互いの家族や友人など、
まわりにいる大好きな人たちの笑顔に囲まれ、
あつい気持ちがこみあげてきて
心が震えてずっとうるうるしていました。
思わずほろりと涙がこぼれ落ちました。



心配していた天気にも恵まれ、
その場を共有してくれた、
ひとりひとりのおかげで
人生でいちばん幸せな最良の日を
過ごすことができました。




wedding_jk




あの場を思い出すだけで、
また泣いてしまいそうになる。



味方になってくれたすべてのもの、
その場で共に美しい時を過ごしてくれた
ひとりひとりに心から感謝しています。
ありがとう。





あのときの空気まるごと
ぎゅっとパックに詰めて
心の中に大事に保存しておきます。




wildflower01











式の写真がぽつりぽつり集まり始めているので、
そのうち、写真やムービーをまとめてアップできれば、
と思いマス!!!!




それから、
来月の7月1日から30日まで
なんちゃってハネムーンで、
約1ヶ月間日本に帰ります。



7月上旬、下旬は東京周辺、
中旬は沖縄、奄美大島でのんびりする予定です。
2000年からずっと楽しみにしていた皆既日食は、
奄美大島の近くの無人島で友人家族と鑑賞します。




懐かしい友人たちとの
マジカルな再会を楽しみにしてます!!!!!







| 日記:ケアンズ | 19:01 | comments(5) | trackbacks(0) |
ぶらり初シドニー




久しぶりのひとり旅で得た、この新鮮な感じ、
忘れないうちにしっかりメモメモ。




自分の感じる心地よいものが、
ハッキリ明確に再確認できた旅になりました。
わたし、もっと表現しないと。
そんな風に、こころから思えた。




わたしの大スキな映画『Shine』のモデルになった
オーストラリア人ピアニストDavid Helfgottの
リサイタルを観賞するために有給使って、
ひとりぶらりとシドニーへ。
8月頃、ブリスベンに来てたのだけど、
すっかり見逃していたので。



ここ、「City Recital Hall Angel Place」にて行われました。


City Recital Angel Place




んもう、
わたしはすごく感動させられました!!!!!
そして、すごい笑顔にさせられました!!!!!
魅了されました。ココロわしづかみデス!!!!!



リサイタルでは、席が最前列だったこともあり、
デイヴィッドと何度も何度も握手!!!!!
何曲か演奏したのち、ピアノから離れて、
勢いよくサムズアップしながら観客に握手を求めて
落ちそうなくらいステージの淵っこへ歩み寄って、
嬉しそうに笑顔で最前列の観客みんなと次々に握手。笑
遠い観客には投げキッス。



で、それが一段落すると、
頷きながらピアノの方を指差して、
「ボク、演奏に戻るから」
みたいな仕草をしてみせます。
それが、またずるいくらいカワイイ。
きゅーん。とした。




で、また数曲演奏して
また、観客のところへいって握手。
それを何度も繰り返してました。
そのたびに、やわらかいデイビッドの手を
ぎゅう、と握りました。尊敬の念を込めて。




数回目の握手のとき、
どうしても大スキなことを伝えたくて
「You're wonderful!!!!!!」と言ったら、
「Thank you, thank you, thank you... 」
と早口で何度も何度も言ってくれた。



ブリスベンにまた早く来て!とか
アイラヴユーソーマッチ。とか
もっといろいろ伝えたかったなぁ。




演奏が終わって、ステージのそでに小走りで戻っていって、
なにやら誰かとひそひそ話する場面に観客みんなが盛り上がり、
それに反応して小走りでステージ中央に戻って、
笑顔で何度もぴょんぴょんとジャンプする姿が、
まるで少年のようで、たまらなかったデス。



演奏の方はもちろん、とても素晴らしかったけど、
(何やらぶつぶつとつぶやき、ときにはハミングしながらの演奏!)
彼の放つオーラと圧倒的な人柄にすっかりヤラれました。
あんなにカワイイ大人を未だかつて見たことがありません!!!
カレがそこにいるだけで、会場は笑顔で満ちあふれて
ほんわかとあたたかくやさしい空気に包み込まれました。



あーー、デイビッドにまた早く何度でも会いたい。






Andrew Mckinnon proudly presents
David Helfgott in Recital
City Recital Hall Angel Place
6 November 2008


プログラムは、


Rachmaninov/ラフマニノフ
Prelude in G sharp Minor Op.32 No.12
Prelude in G Major Op.32 No.5
Prelude in G Minor Op.23 No.5


Chopin/ショパン
Etude Op.10 No.3
Waltz in E Minor
Waltz in C Sharp Minor Op.64 no.2
Ballade no.1 in G Minor


Interval


Liszt/リスト
Concert Etude No.3 - Un Sospiro
Sonetto 104 Petrarca
Sonata in B Minor



しょっちゅう母親のレコードで聴いていた
いつかピアノで弾いてみたいと思っている
ショパンの Etude Op.10 No.3「別れの曲」
が聴けたのは嬉しかった。
けど、ここ最近毎日のように聴いている
ラフマニノフのPiano Concerto No.3 / ピアノ協奏曲第3番
が聴けなかったのが残念。


Horowitz/ホロヴィッツの演奏も気持ちいいデス。
http://www.youtube.com/watch?v=I6u1ejeRzd0&feature=related





今回宿泊したのが、
シティの中心地、セントラル駅の目の前にある
遺産指定された建物を改築した"YHA Central" 。
会員カードなしで4人部屋1泊$40。
バックパッカーにしては値段は高め。
部屋は、キレイで清潔そうだったけど、
期待していたより小さめで眺めはいまいち。
今回は、スウェーデン人の旅行者との相部屋でした。




YHA Central






屋上に、温水プールやサウナがあって、
そこからは、シティが見渡せます。



ホテルでのんびりゆったりもいいけど、
ひとりで久しぶりのバッパーもいいね。
たくさんの旅人たちが放つ空気がいい。




YHA内に小さな映画館があって、
そこで夜や昼に無料で映画が観れたりする。
(しかも、ポップコーン付き)
そこで、" Then She found me "を観た。







毎年、マルディグラというゲイパレードが行われる
豪州の新宿2丁目"Oxford St."のあたりを散策。


同性愛者のシンボルであるレインボーの旗を
軒先に吊るしているお店がたくさん。


レインボーの旗




そのあたりで見つけたかわらしい建物のお店。


かわいい建物




メルボルンのように、路地裏がステキ。


路地裏





シティのど真ん中にある中世ヨーロッパ調の
ストランドアーケードにあるカフェで一休み。


アンティーク調なアーケドのカフェ





カフェ文化が盛んな豪州では、手軽に美味しいコーヒーが飲める。
カプチーノにハート描いてくれました。


カプチーノ







シティの中心にある
豪州のカトリック教徒にとっての総本山、セントメリーズ大聖堂。


セントメリーズ大聖堂2





スケールが大きい荘厳な雰囲気で、
まさに神秘的な堂内。


セントメリーズ大聖堂







シドニー出身のブリスベンの友達にすすめられた
Newtownという街をぶらぶらと散策。
ここは、オシャレなカフェやお店、
オルタナティブな人たちが集まる地域。




そこで、かわいらしいボタン屋さんを発見。
ブリスベンにもこういうお店が欲しい…


ボタン屋さん看板





取っ手がボタンになっててかわいい。


ボタン屋さん入り口





見た瞬間、ズキューーンときて
思わず、フフフと笑ってしまった
ウォンバットのボタンを購入。
ちょっと手直しして、ブローチにする予定♪
それから、かわいい本屋さんで売っていた
チェックのファイルピン。
無印っぽくてかわいいの。


かわいいボタン







シドニーは、買い物天国。
物価は他の都市より高めと言われているけど、
レストランとか、服飾系のものとか、
ブリスベンよりもなんとなく安かったような。
モノが豊富だと、ショッピング脳になっちゃって
いけませんね。。。





NSW州立美術館と、現代美術館をハシゴ。
ここ、オーストラリアの良いところ!
公の美術館や博物館はほとんどが入場料無料。
望めば、誰もが気軽にアートに触れられる環境が整ってます。
これって、文化を発展させるために本当に大事なことだと思う。
政治家の方達には、ぜひとも上手に税金使ってもらって
日本でもぜひ無料化してもらいたいものデス!




最初に行ったNSW州立美術館のほうで、
ズキューンってきた絵に出会いました。


NSW州立美術館




Cy Twonbly/サイ・トゥオンブリ(USA/Italy 1929)
という人が描いた Three Studies Froutre という絵。
(走り書きしたので題名のスペル合ってるか不明)
いつか、でっかいキャンバスにああいう絵を描いてみたい。








そんなこんなで、
久しぶりのひとり旅が終わりました。
新しい街でのワクワク感が、やっぱりスキだ。
これからも、たまにはひとり旅をしていこう。
ひとりでいるといろいろ気づかされる。






ブリスベンに着いて、
乗り馴れたバスの中で、保育園のこどもたちやご近所さんにバッタリ。
バスを降りてからも近所に住む保育園のこどもと親に
バルコニーから「How's it going?/元気?」って話しかけられ、
彼らとあいさつ交わして何気ない会話をしてたら、
なんだか、わたしの暮らす(居る)場所が
無性にいとおしく思えた。
そして、深く感謝した。




何気ないふだんの会話がさらりと始まる感じが
とても気持ちよかった。



シドニーでは、"クール"にキめてる感じの人が多いと思う。
ブリスベンは、もっと素朴で、愛嬌がある人が多い。
もちろんシドニーでも、親切で優しい人は沢山いたけど。




濃い、人と人の繋がり。
やっぱり、コレがないと。




価値ある人生は、
人と人の間で生まれるんだな、とつくづつ思いマス。
もっと、まわりの人を大事にしていきたい。
と、つよくつよく思った。




以上!




| 日記:シドニー | 17:53 | comments(9) | trackbacks(0) |